志は特に無い

筋肉と金があればいい

ミニマルに暮らしつつ物欲にも忠実な雑記ブログ

電子書籍は際限無い

電子書籍ちょうべんり。

そんなん今更なんですけれども。案外まだ電子書籍を利用している人が周りに多くはないなといった印象。実際売り切れで買えなかったって話もまだよく聞くもんね。

 

私は数年前から電子書籍に移行し、紙の本はほぼバッサリ手放したマンです。手放した本の中で特にお気に入りだったものはじわっと電子書籍で買い直していってます。

夫の部屋に本棚置いて夫婦半々で使っているのですが私はほぼ雑貨置いてます。ルガーP08とか万年筆とかインクとか。

左半分は私、右半分は夫が使っています。

f:id:cocoro3474:20210820170858j:plain

f:id:cocoro3474:20210820171218j:plain

マリみて漫画版と俺物語!!は元々は私のものだったのですが電子書籍に移行するため手放そうとしたら夫が引き取ったものです。

 

そんなわけで私は殆ど紙媒体は持ってません。私の電子書籍との向き合い方をちょっと語ろうと思います。

 

 

電子書籍のメリット

場所を取らない

まずこれ。実物がない。家に置く場所を確保しなくて良い。データだから電子端末さえあれば良い。

すぐ買える読める

これもでかい。データなので売り切れもない。また店頭に行く必要もなく家でごろごろしながらポチるだけですぐに本が読めるようになります。配達を待つこともありません。

ダブらない

これも地味にでかい。既に持っている本をうっかり買うことがなくなります。買いそうになるともう持ってますよ! って言われます。やだ親切……(トゥンク……)

書き込みができる

気になったところにマークしたりメモを残すことができます。データなので書き込みを削除するのも容易です。

目次で飛べる

目次一覧から読みたいところに即飛べます。ページ数指定で飛ぶこともできます。

ちょっと安い

印刷や在庫保管など物理的なところにコストが掛からないためか紙媒体よりちょっとだけお安く買えることが多いです。

電子書籍のデメリット 

目に優しくない

という話をよく聞きますが私はそこはあまり感じてません。実際紙媒体で読む方が目には良いと思いますが普段からPCかタブレット見っぱなしの私なのであまりデメリットに感じてません。すみません。

また専用端末なら目にも優しいものもある、らしいです。使ったことないので私の口からは何も言えません。すみません。

買いすぎる

メリットの裏返しです。買いやすいんですよ。場所も手間も必要ないから。なので気付いたらめちゃくちゃ買ってます。これは物凄いデメリットです。自制するしかありません。私は自分でルールを設けました。後述します。

配信元の都合で消える

データなので配信元が配信終了したら消えます。儚い。ダウンロードし終えてるものなら自分で削除しない限りは残りますが端末に何かあったら終わります。まぁアプリと端末で分散して持てばそこのリスク分散は可能です。

貸し借りができない

地味に困ります。布教ができません。まぁ余程なら布教用に紙媒体買って渡したり今は公式がサイトやSNSで試し読みできるようにしているので大きい問題ではないかもです。

記憶に残りにくい

これもよく言われますね。私もそう思います。人の記憶って五感を使うんだろなというのがわかります。

電子媒体だと視覚、しかも文字のみ絵のみの情報になります。なんというかのっぺりしていて印象に残りづらい。

紙媒体だと文字と絵に加えてその時その時の本全体の形が視覚から、また本を手で触っている触覚もあるので記憶に残りやすく感じます。読み返すときなんかも案外触覚に頼っていると思います。

なので覚えたいもの、勉強したいものに関しては紙媒体の方が良いのかもしれません。

質感がない

上記とちょっと被りますが触れないんですよね。装丁もない。匂いもない。のっぺり。

紙媒体を愛する人は此処にこだわり持っている人が多いように感じます。私はそうでもないのであまりデメリットに感じてはいません。読めればいい派。あ、結論出たな。

電子書籍に向いてる人

中身が読めさえすればいいって人だと思います。

上記に書いた通り割とデメリットもありましたね! それを持ってあまりあるメリットを感じているので私は電子書籍推しです。

漫画は電子書籍、小説や実用書は紙媒体というように使い分けている人も割といるのかなって感じです。

Kindleか楽天Koboか

他にも電子書籍は色々あると思いますが私が検討したのはこの2つ。

何故なら私は楽天経済圏でぬくぬくし、Amazonさんの翌日配送におんぶ抱っこ肩車されているから。

 

で、結論から言うとですね。Amazonと楽天のどっちの利用が多いかで決めれば良いのかなぁと思います。もう好みで選べばいいと思いますね。電子書籍のアプリなどの差はそこまで感じません。

差があるとすれば買い方で価格が変わるというところです。あとAmazonの方がインディーズがある分選択肢が多いと思います。

 

で、私はというと。すみません、何方も使っています……併用はお勧めはできませんがとりあえず私の使い方書いときます。

Kindle

最初は特に何も考えずKindleに手を出しました。他にやってるところ知らなかったからという感じでもあります。実際その頃はまだ電子書籍も出始めたころで電子書籍と言ったらKindleって感じでした。紙媒体より安く、まとめ買いでちょっと安くなることもあります。

またAmazon primeで無料で見れるものやAmazon unlimitedで定額で読めるものもそこそこあります。unlimitedは読みたいものが多い場合に入って読み終えたら抜けたりして利用しています。

楽天Kobo

去年から使い始めました。きっかけは楽天経済圏のSPUに含まれていると気付いたから。遅いですね。あとその時ちょうど講談社のセールもしていて気になっていた漫画が安く手に入るってことでうっかり手を出しちゃったわけです。私にはKindleさんがいるのに!

結構セールをやっていたり5000円以上20%引きとかをやっているのでKindleよりお得に買える時がある。というのがでかいです。ポイントも貯まるし。

なので基本的には楽天Koboに移行する方向で動いてはいます。

現状の私の買い方

SPUや20%引きを利用したいので私は楽天Koboで月初めに5000円分買う。という運用にしています。4000円になります。スゴですね。楽天ではこれ以上は買わない、としています。じゃないと無限に買っちゃうから。

で、Kindleでは既に集めているものの続刊が出たら買ったりどうしても即買いたいもの、手元に置きたいものがあれば買います。

1点ずつ買う場合は楽天KoboよりKindleの方が安い場合が多いです。ただ上記の20%引きが使えるとめちゃ安く済むので……。そんな感じでなるべく楽天Koboに移行したいと思いつつ併用しているという中途半端な形になっています。

併用すると何があかんかってメリットの1つの「ダブらない」が崩れるところです。どっちで買ったかを覚えてないとダブります。注意です。お勧めは本当しません。

何で読む?

Kindleも楽天Koboも専用端末があります。

普段スマホの人なら専用端末を買うのはありだと思います。スマホで電子書籍を読むのはやっぱりちょっと読み難いとは思うので。私は使っていないのでこれ以上は何も言えません。すみません。

 

私はiPad miniで読んでいます。サイズもちょうど良いです。Kindleも楽天Koboもアプリがあるのでそれを無料ダウンロードすれば良いのです。

使い方としては家のWi-Fiで読みたい本をダウンロードしておいて外出時にオフラインのiPad miniで読むようにしています。iPadはWi-Fiオンリーです。ネット使いたくなったらテザリングする形。

特にこだわりがなければタブレット端末で読むので良いのかな~と思います。iPad mini以外使ったことないのでわからないですががが。

 

因みにPCでも読めます。勉強や仕事用の本なんかは2画面目に表示させるというのもありだと思います。

現状持ってる紙媒体の本

最後にほぼほぼ全部電子書籍にした私がそれでも辛うじて持っている紙媒体の本を紹介します。

魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン

小さい頃なんでだか忘れたけれど母から買い与えられたものです。

f:id:cocoro3474:20210820170505j:plain

内容としては魔女のなり方、魔女の生態、魔女の占い方、各国の魔女について、みたいなとにかく魔女の本。表紙通りの絵でコミカルに描かれた魔女たちがとても良いのです。

偉く気に入っていて繰り返し読んでました。それから大人になって実家を出て、存在を忘れていたのですが、暫くしてから実家の自分のものを整理した際に唯一今の家に持って帰った本です。他は手放しました。

電子書籍がないから持っているというのはあるのですが今後万が一電子書籍になった場合紙媒体の方を手放すかは迷いそうな唯一の本です。

ソッカの美術解剖学ノート

絵の描き方本です。一部で有名な本だと思います。

f:id:cocoro3474:20210820170346j:plain

内容としては実に素晴らしいもの、なのですが私が全然実践できてないのでちょっともったいない感じになってます。描け。

タイトル通り骨から肉から分解して絵にしてます。凄い。リアルなところからデフォルメに落とすところも解説されていてめちゃくちゃ良いです。絵を描きたい人、人体に興味ある人にお勧め。オールカラーで絵と文のバランスも読み易くされています。

これは電子書籍では無いないから持ってる本ですね。大きいし厚いので電子書籍になったら即買い替えると思います。が、電子書籍にするの大変そうなので暫くなさそう。というかないかな……。大事に取っときます。

マリア様がみてる レイニーブルー

マリみて小説版、全て持っていましたがこれ以外は電子書籍に移行しています。

f:id:cocoro3474:20210820164829j:plain

何故よりにもよってこれだけ残してあるかのかというとですね……。

 

こうじゃ。

f:id:cocoro3474:20210820164914j:plain

イラスト担当のひびき玲音さんのサイン入りだからです。

 

マリみてオンリーイベントのときに本人がいらして軽くサイン会みたいになっちゃったのです。大体の人がひびきさんがその時出した同人誌にサインをもらっていたのですが私はその本を買えず。が、たまたま読み返していてレイニーブルーを持っていたので駄目元で聞いてみたら快くレイニーブルーにサインしてもらえたのです。神。

レイニーブルーにサインしてもらうなんてなかなかないじゃろ。多分。

なのでこれだけはとってあります。話も好きです。暗くて。当時マジしんどかったけど。(当時のマリみてファンにしか伝わらないやつ)

って2004年にサイン貰ったの……? もうそんな経ったの???? こわ。

 

はい。

いにしえのオタクが爆発し申し訳ありませんでした。いや今もオタクだけど。

 

そんな感じです。

 

私以外の全人類も本と快適な距離感で生きれるよう祈っています。